けもの塾

中級編②

けもの塾 中級編②
獣害対策で仕事をつくる-森林・獣肉編

  • けもの塾

けもの塾中級研修「獣害対策で仕事をつくる(森林・獣肉編」では、現場実務者やこれから対策実務に取り掛かる方向けの実践研修を行います。
今回は、主に森林における獣害対策をテーマに事前モニタリング手法であるライトセンサスやセンサーカメラを用いた調査手法を学び、データ集約から行政への対策提案までできることを目的としています。また、猪や鹿肉の利活用を学び、獣害対策をいかに仕事に変えていくかを目的とした講義と実技を中心に行います。

また、1日目夜には、マイクロバスを使って、実際にライトセンサスを行ったり、猪鹿庁オリジナルのジビエ商品も食べていただけます。
みなさまの地域での対策に役立つ情報が盛りだくさんです。また、ふるさとけものネットワークを通して、対策実務の仲間ができます。ぜひ、皆様の参加をお待ちしております。

参考写真:去年のけもの塾の様子

1
全体講義

2
計画的に設置し、使えるデータ収集法を学びます

3
防護ネットの張り方、指導の仕方を学びます

4
鹿害エリアの防護ネットの内と外(左と右)

5
今年はドングリ豊作なのできっと猪も。。

 

開催概要

日時 2016年11月19日(土)〜20日(日)(1泊2日合宿研修)
開催地 岐阜県郡上市
タイムスケジュール1日目:11月19日(土) 

研修会場:アウトドアイン母袋キャンプ場

12:00 受付開始
13:00 開校、挨拶
      (スタッフ紹介、アイスブレイク)
14:00 講義:地域づくりと獣害対策
      (支援組織の心得)
14:30 講義: 森林獣害対策の現状
      (岐阜・愛知の取り組み)
16:00 講義:密度推定手法
      (クマ・シカ)ベイズ推定他
17:30 ワークショップ&夕食
      猪鹿庁ジビエBBQ
19:00 実習:ライトセンサス(森林)
21:00 入浴、その後自由時間

2日目:11月20日(日)

研修会場:アウトドアイン母袋キャンプ場

 7:00 朝食
 9:00 講義:ライトセンサスデータ活用手法
10:00 実習:設置研修
      センサーカメラ3G・鹿防護ネット柵 
12:00 昼食(特製ジビエ弁当-けもの塾編)
13:00 ワークショップ
      ふりかえり(課題解決ワーク)
14:00 講評・総括   
14:30 解散
定員20名
対象対策実務者
・行政関係者
・現場実務者
・地域対策リーダーの住民

これから獣害対策にかかわる方
・地域おこし協力隊
・学生(大学生以上)
内容講義の最後に、グループに分かれての課題解決ワークも行います。現場での課題や、この世界に入ろうとする相談ごとなどそれぞれ事前ワークの中でいただく題材をテーマに語らいましょう。
担当団体猪鹿庁(NPO法人メタセコイアの森の仲間たち)
料金受講料:2万円 (別途滞在費:1万円)
※学生は受講料が半額になります
持ち物・着替え、防寒具
・筆記用具
・生活アメニティ
・雨具(雨天時)
・長靴(雨天時)

お申し込み方法

こちらの応募フォームよりお申し込みください。

けもの塾 中級編②に申し込む