けもの塾

初級編

けもの塾 初級編
初級編:獣害対策入門道場

  • けもの塾

研修項目紹介

被害対策手法概論

キーワード:全国の被害の現状・集落が抱える問題と今後・対策の担い手

全国で200億円とも言われる鳥獣被害、その発生背景はどのようになっているのでしょうか。一般には自然環境の変化が取り沙汰されがちですが、一方で地域の社会変化を見ることも重要です。被害が深刻化している地域に共通するのは過疎高齢化、耕作放棄地の増加、そして地域における対策技術を持った担い手がいないことなどが共通しています。本授業ではいろいろな地域の被害対策とその特徴を紹介し、今後、私達が考える鳥獣被害対策の形を考えます。

地域づくりと獣害対策

キーワード:地域の現状・生業化

獣害対策を生業とするにあたり、その過程ではたくさんの紆余曲折があります。様々な利害関係者とのつながりとバランス力も求められています。従事者として地域とどう関わっていくか、どうやったら生業とできるのか、ふるさとけものネットワークとの繋がりと関わり方を含めながら説明します。

IMGP1238

国・都道府県の現状(法整備等)

キーワード:自治体の実情・アンケート結果

ふるさとけものネットワークでは獣害対策に関するアンケートを過去におこなってきました。そのデータは自治体職員の生の声で、現場と施策の軋轢や、現場対応者の不足など、獣害対策が進められない背景も見えてきました。鳥獣被害対策特別措置法ができてから、地域の対策はどのように変わったのか。保護管理法と認定事業者の今後はどうなるのか。総合対策事業や被害防止計画の進め方について講義します。

市町村・集落の現状

キーワード:現役自治体職員

獣害対策に取り組む市町村は様々な課題に直面します。けものだけが対策対象ではなく、地域での合意形成や協力者づくり、時には市街地に出てくる野生動物の対応など様々な対応力が求められます。このような課題がある一方、対策を評価し、時には「楽しみ」を加えて対策を進めるのも重要です。各地で行われている獣害対策の事例を見ながら、今後の市町村、集落の向かう先について話します。

IMGP1585

加害鳥獣の生態学(サル)

キーワード:ニホンザル

この講義では、獣害を起こす野生動物の生態を学びます。

IMGP1337

加害鳥獣の生態学(シカ)

キーワード:シカ

この講義では、獣害を起こす野生動物の生態を学びます。

IMGP1261

加害鳥獣の生態学(イノシシ・クマ)

キーワード:イノシシ・クマ

この講義では、獣害を起こす野生動物の生態を学びます。

加害鳥獣の生態学(アライグマ・ハクビシン)

キーワード:アライグマ・ハクビシン

この講義では、獣害を起こす野生動物の生態を学びます。

IMGP1623

ファシリテーション技術

キーワード:ファシリテーション・ヒアリング・情報収集

この講義では、集落環境診断をはじめ、地域で獣害対策をするにあたり必要となる合意形成について学びます。

IMGP1631

電気柵設置実習

キーワード:電気柵設置

この講義では現場で日々電気柵設置を行う講師のもと、有効な電気柵設置のための技術を実習形式で学びます。

IMGP1543

箱わな、くくりわな設置実習

キーワード:箱わな・くくりわな

この講義では捕獲に必須となる箱わな、くくりわなの設置技術を学びます。

IMGP1390

データ収集、整理、可視化

キーワード:データ収集・分析・GIS

この講義ではデータ収集の方法から、集めたデータの分析技術、市町村や協議会での説明に用いるための可視化技術を学びます。

IMGP1809

集落環境診断論

初級編では集落環境診断を一通り体験できるよう、現場で実践を行います。地域住民も参加して、生の意見を聞きながら、どのように合意形成を行っていくかを体験できます。

IMGP1942

集落環境診断実践

課題整理、方針作り、対策計画の発表

DSC_0011

集落環境診断フォロー

集落環境診断を終えたのち、意見交換を行います。何が課題で、自分の地域にはどのように活かせるかを話し合います。

 

参加申込後、幹事団体から申込者に要項について連絡を致します。

開催概要

日時 2017年8月31日(木)〜9月3日(日)(3泊4日合宿研修)
開催地 山梨県南アルプス市(参加確定者には追って詳細の集合場所について連絡をいたします)
定員20名(本研修は満員となりました!)
対象これからけもの関連の仕事に関わる方(民間・行政問わず)
担当団体特定非営利活動法人甲斐けもの社中
料金研修負担金:5万円
※研修プログラム費、テキスト代、保険代のみ。宿泊費、食費は含みません。
(去年までの参考滞在費3万円程度)
持ち物筆記用具、衣類、レインウェア、長靴

お問い合わせ先

特定非営利活動法人甲斐けもの社中
電話:055-269-6210
メール:matsui@kai-kemono.org
担当:松井